ヨーロッパ

【アルベロベッロのトゥルッリ】イタリア南部独特の円筒形の住宅!この形を歴史から探ると面白い

アルベロベッロのトゥルッリは、イタリア南部にプーリア州だけに見られる円筒形の住宅である。

16~17世紀に開拓農民用の住居として作られ、石灰岩や漆喰が利用されている。
屋根には、降った雨を床下の井戸にためるという工夫が施されている。

この独特な形の住宅は、節税対策のために作られたという説がある。
かつて「漆喰で塗装された屋根のある部屋」に課税されていたので、この地の領主は徴税人が来ると全住宅の屋根を外し、「家ではない!」と主張したとされる。

アルベロベッロのトゥルッリの写真

ABOUT ME
WELT編集部
WELT編集部
「行きたいを見つける」をコンセプトに、世界中の観光地を紹介します。 WELTを海外旅行のきっかけとして利用してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。