アジア

【サガルマータ国立公園】エヴェレストを含む8000m級の山々!積もる雪の白さが美しい

サガルマータ国立公園は、ネパールと中国チベット自治区の国境に接し、7000~8000m級の山々と氷河が連なる。

「サガルマータ」とは、ネパール語で「世界の頂上」を意味し、一般にはエヴェレスト(インドの測量局初代長官の名)として知られる。

公園内にはユキヒョウや、レッサーパンダなどの珍しい動物も生息する。

1979年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された。

サガルマータ国立公園の写真

スペシャルサンクス

@takeshi.majima
@yoshito.819
@yasuocean

ABOUT ME
WELT編集部
WELT編集部
「行きたいを見つける」をコンセプトに、世界中の観光地を紹介します。 WELTを海外旅行のきっかけとして利用してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。