ヨーロッパ

【モンサンミッシェル】孤島の修道院が美しすぎる!ここに聖堂が建設された理由が面白い?

モンサンミッシェルは、フランス北西部ノルマンディー地方の湾の孤島に位置する。

伝説の話によると、708年、司教オベールが夢で大天使ミカエルに当時陸続きだった岩山に聖堂を建立せよとのお告げをされた。
お告げに従うと、岩山は津波に襲われ、一夜にして海に浮かぶ孤島になったという。

14世紀の百年戦争のころには、イングランド軍と抗戦するため、フランス側がモンサンミッシェルに要塞や城壁、塔を築いた。

16世紀の宗教戦争では、新教徒軍の攻撃を退け、18世紀のフランス革命時には、反革命派を収容する監獄として利用された。

様々な歴史をくぐりぬけてきたモンサンミッシェルは現在、世界遺産(文化遺産)に登録され、世界中の観光客を虜にしている。

モンサンミッシェルの写真

スペシャルサンクス

@sayurino1126
@y_tableandplanet

ABOUT ME
WELT編集部
WELT編集部
「行きたいを見つける」をコンセプトに、世界中の観光地を紹介します。 WELTを海外旅行のきっかけとして利用してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。