ヨーロッパ

【ルーブル美術館】世界最大級の美術館!モナリザにミロのヴィーナス、、数えるとキリがない!?

ルーブル美術館は、規模・来場者数ともに世界最大級の美術館(博物館)で、2018年には年間来場者数が1000万人を超えた。

収蔵品が38万点以上、広さも東京ドーム10個分ほどあり、すべてをじっくり見ようとすると最低でも1週間はかかると言われています。

ルーブル美術館に展示されている作品は、「モナリザ」をはじめ「ミロのヴィーナス」「サモトラケのニケ」、「民衆を導く自由の女神」、「キオス島の虐殺」、「ルイ14世の肖像画」など、誰もが知っている有名作品から、少しマニアックだがとても有名なものまで、数多くあります。

ルーブル美術館の写真

モナリザ

サモトラケのニケ

キオス島の虐殺

ミロのヴィーナス

ABOUT ME
WELT編集部
WELT編集部
「行きたいを見つける」をコンセプトに、世界中の観光地を紹介します。 WELTを海外旅行のきっかけとして利用してください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。