ヨーロッパ

【コロッセオ】ローマ帝政期の円形闘技場!今やローマを代表するこの観光地が大胆で美しい

コロッセオは、ローマ帝政期に造られた円形闘技場で、イタリアの首都であるローマに位置する代表的な観光地となっている。

建設者がフラウィウス朝の皇帝であることから、本来の名前は「フラウィウス円形闘技場」である。

コロッセウムと呼ばれるようになった理由に関しては、ネロ帝の巨大な像であるコロッススが傍に立っていたからという説や、巨大であったからという説がある。

いくつかの映画の舞台にもなっているが、日本では「テルマエ・ロマエⅡ」の中で重要な施設として登場している。

コロッセオの写真

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。