南アメリカ

【チャンチャン遺跡】ペルーの歴史がここにあります!チムー文明を世界遺産で感じよう

チャンチャン遺跡日干し煉瓦の壁で構築された、ペルーの世界遺産です。

チャンチャンとは「輝ける太陽」という意味があり、チムー王国時代、首都として多くの住民がそこで暮らしていました。
南米における、歴史的に非常に重要な古代都市遺跡です。

壁には鳥や魚などの彫刻が見られ、また、王の宮殿「シウダデラ」や、献上部屋と思われる「アウディエンシア」などが遺跡として残されています。

城壁、通路、墓地など、チムー文明を物語るペルーの歴史がそこにはあります。

チャンチャン遺跡の写真

スペシャルサンクス

@tomsuz1127
@dabadieee
@sugiken1118
@peruo101

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。